Market Insights

長期投資を考えるブログ

19年9月末のポートフォリオ

19年9月末の保有株式時価は1,693万円で、ちょうど一年前の前回記事と比較して

+233万円となりました。

 

f:id:yudet:20191005111351p:plain

1年間で売り買いした銘柄は下記の通りです。上の表で30万円以下はまとめているのでアッヴィなどは上の表に入っていません。

購入:NTT、星野リゾートREIT投資信託各種、LMT(ロッキード・マーティン)、 XLK(テクノロジーセレクトセクターSPDR)、ABBY(アッヴィ)、VYM(高配当ETF)

売却:ソフトバンクG、FL(フット・ロッカー)

ソフトバンクGはUBERIPOのタイミングで半分売りました。Weworkの何がそんなにいいんでしょうか。。。一部出資で入る戦略のはずが、うまくいかないと大きすぎて手を引けなくて追加出資する羽目になるのはよくあることですね。それでも半分持っているのは孫さんのファンだからです。

NTTは日本の通信市場で非常に強固な立場にあると思います。楽天モバイル騒動の時になぜかドコモ以上に乱高下していたので買いましたが、良い投資でした。

 

FLは年初に大きく上昇して買値を超えたので手仕舞いしました。決算に振られハラハラさせられましたが結果的には悪くなかったです。

 

グーグル、アマゾンはこの1年間ほとんど上昇していません。大きくなりすぎ、米議会や欧州からの圧力のために成長が阻害されています。マイクロソフトはあまり政治的な問題がないように見えますが、GAFAのうちグーグル、アマゾン、フェイスブックは非常に危険視されています。したがって、市場に対してこれまでのように大きくアウトパフォームすることはないと思います。本来であれば売却して中小型の有望なIT銘柄に入れ替えるべきなのですが、全然調べられていません。アメリカ部も有料になっちゃったし・・・

星野リゾートは詳しく調べる機会があったのですが強力なブランドに基づいた非常に安定的なビジネスモデルを作っていますね。星野リゾート本体との利益相反があるのでREITのリターンは限定的ですが、それでもREITの収益性は(株主を怒らせない程度に)それなりにあると思います。