Market Insights

ブログ移転しました⇨http://market-insights.biz

10年間持っていたアマゾン株を売りました

Amazonティッカーシンボル:AMZN)の4Q決算は良くなかったです。

4Q単独では、売上高は15/4Q比22%増の437億ドル、営業利益は15/4Q比13%増の$13億ドル。AWSビジネスの営業利益は15/4Q比60%増の9億ドル。

 

ひどかったのは翌Qのガイダンスです。

17/1Qのガイダンスは、売上高は16/1Q比14%〜23%増と低調な伸び。営業利益は16/1Qの11億ドルに対して予想2.5億ドル〜9億ドルと減益予想でした。

 

クラウドコンピューティングの競争激化によるAWSビジネスの成長減速や、Netflixと映像配信分野で戦うためにコンテンツ制作費が上昇していることがあるのでしょう。

Netflixは営業キャッシュフローのマイナスが膨らんでも会員数増加が評価されるステージなのに対して、Amazonは売上と営業利益の両方をコントロールしないと評価されないステージにあります。ところがここまで図体が大きくなると、もはや営業利益を投資家が期待するペースで伸ばすことは困難です。PER192倍は正当化することが困難な数字です。

エコーやAmazon Go、ドローンによる配達など、Amazonの先駆性はGoogleを凌駕するレベルですので、将来への期待が高いことはわかるのですが、自前のコンテンツを拡充することによってプライム会員を増やす戦略では、投資の回収ステージに至るまでにまだ遠い時間がかかります。

コンテンツの制作費が増えることは分かっていたので、この決算はある程度想定できたたのですが、新値を追っている最中だったのでもう少し見極めたいと思っていました。Amazonが成長の罠の状態に入っている確信ができたので、持ち株を売ることにしました。

 

なぜか10年前にAmazon株を10株だけ買っていました。買値は58ドルでした。

10年前の2007年は、AmazonKindleサービスを開始した年です。ビジネスモデルに将来性を感じて、何も考えずに買ったのだと思います。

金曜日に売却した単価が806ドルなので、およそ13倍になりました。

f:id:yudet:20170204030120p:plainチャートを見ると2000年から2009年頃まで株価が停滞していたことがわかります。

10年で13倍になったので、IRRは30%です。(1.3^10=13.7)

なぜたった10株じゃなくてもっと買わなかったのか・・・と、昔の自分を殴りたい気持ちです。

実はだいぶ前のことですが、金融リテラシー不足によって何も考えずに取引をした結果、デイトレードで損失を出した経験があるので、Amazon株の収益を入れてもトータルリターンはマイナスなのです。いまや僕もある程度の知識を身につけたので、もう昔のような過ちをせずに、堅実に資産を増やして行きたい、と強く思います。