Market Insights

ブログ移転しました⇨http://market-insights.biz

CSCO株を10万円分買いました

ネットワーク機器最大手のシスコシステムズ(ティッカー:CSCO)株を10万円分買いました。

シスコシステムズは僕の一押し銘柄です。大型株へのバリュー投資として最高の銘柄の一つだと思います。もっと買いたいのですが、深刻な余力不足のためまず10万円だけ。

シスコはかつてITバブルの寵児としてもてはやされ、2001年には時価総額が当時としては世界最大の5000億ドルまで膨らみました。その後、バブル崩壊により株価は90%以上下落しましたが、着実に業績を伸ばし(同業のルーセント・テクノロジは赤字続きでアルカテルに吸収されてしまいましたね)、現在では時価総額1500億ドルに回復しました。会社の成長が投資家の期待を下回ったため、15年で数十倍もの成長にも関わらず株価は当時を大幅に下回っています(いわゆる成長の罠)

どこか現在のネットフリックスやアマゾンの影を見る思いがするのは気のせいでしょうか。

わずか15年でIT業界の寵児から面白みのない機器メーカーへ、すなわちグロース株からバリュー株へと転換を遂げたシスコは、近年では配当や自己株買いなどの株主還元に積極的です。

下記は一株あたりの業績推移です。

 

f:id:yudet:20170125231038p:plain

一株あたり業績が非常に安定して成長していることがわかると思います。

実績PERは14倍です。

 

同じくPER14倍のIBMの業績推移を見てみましょう。

f:id:yudet:20170125232056p:plain

シスコ、IBMともに自己株買いにより一株あたり業績が伸びていますが、ソリューションビジネスが中心の IBMの業績は景況により変動が大きいことがわかります。

 

 シスコは増配にも積極的です。配当利回りは3%強、配当性向は50%で増配余力があります。

f:id:yudet:20170125234813p:plain

ではシスコ株を全力で買えば安泰なのかというと・・・そこまでの覚悟がついていません。

業績の安定と増配余力、PERの低さはバリュー株として魅力的ですが、将来の成長性については疑問があります。CloudlockやSynataなど、クラウド絡みの会社を多数買収しており、クラウド分野で将来最も期待できる企業との記事もいくつか読みましたが、BtoBテクノロジーの競争でどこが勝つかを判断できる能力は僕にはありません。

自己株買いによりEPSの成長は維持できるでしょうが、IBMやオラクルなどのクラウド分野でのライバルに対してアンダーパフォームする懸念はあると思います。

したがってシスコへの一点投資ではなくてIBMとの分散を考えています。