Market Insights

ブログ移転しました⇨http://market-insights.biz

日経平均連動レバレッジETFで個人投資家は「二重に」損をしている

ブルームバーグに気になる記事がありました。

 

www.bloomberg.co.jp

 

個人投資家ETF人気により、日経平均連動レバレッジETFの規模が大きくなりすぎ、ETFの価格調整のための売買が日経平均先物で相当のボリュームを占めるようになっています。

機関投資家からすると、個人投資家の「上がったら売る、下がったら買う」という逆張り思考は読めているので、レバレッジETFの価格調整のための売買を予想して、先物ETFアービトラージで儲けているようです。

 

日経平均レバレッジETFを中長期保有すると、上昇・下落を繰り返す局面が出てくるので、日経平均に1倍で連動するETFを持っているよりも損をするのは、レバレッジETF投資者には常識だと思いますが、

さらにアービトラージでも機関投資家に利益を抜かれているので、レバレッジETFを保有している個人投資家は、二重に損をしていることになります。

 

インデックス指数が一部のアクティブ・ファンドのパフォーマンスを上回っているからといって、インデックス投資をしている個人投資家機関投資家を出し抜いている、などと甘い考えを持つのはやめましょう。(だいたい、アクティブ・ファンドの手数料も個人投資家から出ているのですからね)

機関投資家は、ほとんど常に、個人投資家を出し抜いているのです。

 

 

GPIF 世界最大の機関投資家