Market Insights

ブログ移転しました⇨http://market-insights.biz

ブログを独自ドメインに移行します

今まではてなブログを利用してきましたが、1万アクセスを機に、より使いやすいサイトデザインを目指して、独自ドメインをとりました。 新しいアドレスは下記です。 Market Insights – 米国株と長期投資の未来 新サイトではよりクオリティの高い記事を目指し…

Appleの保有する余剰資金2000億ドルとレパトリ減税

トランプ政権の税制改正の目玉として、レパトリ(資金還流)減税法案があります。 レパトリ減税法案とは、米国企業が海外で保有している現金を米国に持ち帰る時にかかる税金を、1度限り通常の35%から10%〜15%程度に減税するという法案です。 この…

The End of Accounting:投資家にとって有用な指標とは

会計についての話をします。 MBAの名門であるニューヨーク大学スターンスクールの教授が、 The End of Accountingという本を書きました。この「会計の終わり」という刺激的な題名の本で著者は、従来の開示が投資家の判断に対してもたらす有用性が薄くなって…

決算速報:Twitter(TWTR)

Twitter Inc(ティッカーシンボル:TWTR)が16年度決算発表を行いました。 売上はYoYで13%増。4QのQoQではわずか1%増で、データ販売のライセンス契約による収入が増えているかわりに広告収入は横ばいで、厳しい状況です。月間アクティブユーザはYoYで+4%と停…

決算速報:コカコーラ(KO)

コカコーラ(ティッカーシンボル:KO)が16/4Qの決算発表を行いました。 売上はQoQで6%減少、YoYで5%減少でした。ドル高の為替影響が大きいです。 QoQの売上増減分析です。販売量が一番左ですが、ヨーロッパや北米で伸びています。南米ではプライスミックスに…

米アパレル業界の決算概観:アンダーアーマー、ヘインズブランズ、ラルフローレンetc

米アパレル業界の12月決算は市場コンセンサスを下回る低調な数字が相次ぎ、株価も著しく下落しています。決算発表により大きく下落した代表的な銘柄は下記の通りです。 Under Armour:29%安(上場来安値) Hanesbrands:16%安(4年ぶり安値) Deckers Outdoo…

決算概観:JT、BP

12月四半期決算発表がピークですね。 保有株を簡潔に見て行きましょう。 JT(日本たばこ産業):あまり良くない決算。16年度12月期累計は前年度比で減収減益。 為替一定ベース、のれん償却なしの調整後営業利益だと単価値上げのため二桁増益であることを強調…

10年間持っていたアマゾン株を売りました

Amazon(ティッカーシンボル:AMZN)の4Q決算は良くなかったです。 4Q単独では、売上高は15/4Q比22%増の437億ドル、営業利益は15/4Q比13%増の$13億ドル。AWSビジネスの営業利益は15/4Q比60%増の9億ドル。 ひどかったのは翌Qのガイダンスです。 17/1Qのガ…

思考実験:永久に配当しない会社の株価はいくらか?

前回の記事で理論に学ぼうと言った通り、今回は理論のお話。 理論株価とは、将来の配当(あるいは清算価値)を割引率で現在価値に置き直した数字の合計である、と前に書いた。 では、永久に配当しない会社の株価は、一体いくらになるだろうか? 配当を一切行…

恐怖指数が10年来の低水準

S&P500の恐怖指数(VIX)が先週、10.39と10年来の低水準をつけました。 今は少し戻して11.39です。注:書いている間に12.62まで上がりました。いいぞ! 恐怖指数とは市場のボラティリティを表した指数で、高いほど市場が乱高下すると思われていることを示し…

株式による不労所得は社会に価値を生んでいるのか?

結論から言うと、全く違います。思い上がってはいけない。 株式を保有することによってあなたは、企業が得た収益の一部を得ることができる。 例えばマクドナルドの時価総額は約10兆円なので、マクドナルド株を10万円買うことで、あなたはこの企業がハンバ…

シーゲル流投資:エネルギー株の未来を考える

先日、BP株を購入したことを報告しました(たった20万円ですが)。エネルギー株に投資するのは実は初めてです。 シーゲルは長期投資の対象とするべきいくつかの株の特徴を挙げています。いわゆるシーゲル銘柄です。シーゲル銘柄とは、高配当であり、長期的に…

CSCO株を10万円分買いました

ネットワーク機器最大手のシスコシステムズ(ティッカー:CSCO)株を10万円分買いました。 シスコシステムズは僕の一押し銘柄です。大型株へのバリュー投資として最高の銘柄の一つだと思います。もっと買いたいのですが、深刻な余力不足のためまず10万円だけ…

外貨積み立てを開始しました

住信SBIネット銀行で外貨積み立ての仕組みが開始したのでやってみることにしました。手数料は通常の外貨買い付けと変わらずドル円は15銭。 なぜ外貨積み立てを開始したかというと、米国株を買うためにドルが必要なのですが、なかなか良いタイミングでドルを…

米国の国境税調整によって為替はどう影響するか

米国の下院共和党が国境税調整を策定しました。 国境税調整とは何かというと、広瀬さんの言葉を借りれば 「輸入品には20%の関税がかかり、米国企業が輸出して得た利益は無税になる」 というものです。詳しくは下記説明を参照ください。 国境税調整とは何か…

BP株を20万円分買いました

こんばんは。 数日前にBP(British Petroleum)株を約20万円分買いました。 購入理由は、先週末にIBMやPM、XOMやKOなどのバリュー株分析をやっていたのですが(ティッカーシンボルだけでわかりますか?)、原油の先高観の前提を置くと、将来EPSに対して株価に…

エクスポージャー・イズ・エブリシング

僕にとってエクスポージャーをどのように考えるかは非常に重要で、かつ答えが出ない問題です。 エクスポージャーとは外貨の変動に対する資産(あるいは負債・純資産)のリスクのことを言います。 僕は円建てで給料をもらっており、たまに海外旅行に行きます…

トランプ減税で資本コストは下がる?

米国株について言及しているブログは貴重ですので、いくつか愛読させていただいています。 その中の一つ、「配当金を雪だるま式に増やす投資日記」 さんで気になる記述がありましたので、ちょっと考えてみたいと思います。 dividendsnowball.blogspot.jp 減…

コメダホールディングス株について、誰もが気になる2つの疑問に答える

※この記事はコメダコーヒーで書いています 皆さんはコメダコーヒー、行ってますか?定番スイーツのシロノワールや、遊び心のあるグラスがいいですよね。 昨年のIPO以来、コメダホールディングス株を持っています。何となく持っているのではなくて、一応分析…

株を買うには何よりも元手が必要

前回の記事で、ポートフォリオを発表して、現在の保有有価証券の時価は約350万円です、と書きました。 そこでおそらく皆さんはこう思ったでしょう。 「なんでコイツ、これだけしか株持ってないんだ?30手前で株ブログやってる奴は平気で1千万とか2千…

一年ぶりのブログ再開

2015年の11月以来、1年と2ヶ月もブログを放置してしまいました… もう見ている人もいないかもしれませんが、ひっそりと再開したいと思います。 ブログを放置していた理由は、 「インデックス投資」は書くことがなくて飽きる! これに尽きます。 毎日の動きに…

広瀬隆雄氏の米国株セミナーを聴きました

月曜日に楽天証券の主催でやっていた、Market hackの広瀬隆雄氏の米国株オンラインセミナーを聴きました。 学んだことを箇条書きにします。 ・利上げ局面においてオールド・エコノミー株は買い。一押しはゼネラル・エレクトリック ・アマゾン、フェースブッ…

「投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2015」に投票しました

本日、「投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2015」に投票しました。 投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2015 2007年から続いている人気企画で、個人投資家ブロガーが投票者となり、毎年の最優秀投資信託を選ぶというものです。各投票者の持ち点は5…

ヤフー2Q決算の「企業結合に伴う再測定益」とは何か?

ウェブポータル大手のヤフーが2Q決算を発表しました。純利益が48%増益、 売上高1,382億円に対して営業利益は1,027億円と、営業利益率は驚異の74%(!)という数字になっています。 kabutan.jp プレゼンテーション資料をよく読むと分かるのですが、増益理由の大…

2015年10月の積立状況

10月は後半にかけて世界的に株価が上昇してきましたね。 中国の金融緩和によるリスクオンや日本の金融緩和期待、米国の好決算が影響したと考えています。 今月の投資信託・ETFの積立状況は下記の通りです。 ニッセイ外国株式インデックスファンド 30,000円 …

それでいいのか?フォーブスが選ぶベストETF2016

ETF

先日、フォーブス誌の「投資家にとってベストなETF 2016年版」にバンガードETFが多数選出されたとのニュースがありました。 米フォーブス誌の「投資家にとってベストなETF 2016年版」にバンガードETFが選出|プレスリリース配信サービス【@Press:アットプ…

米国株のアクティブ投資をやってみたい(もし35年前にマクドナルドに投資していたら・・・)

インデックス株投資を始めてわずか一ヶ月。積み立てた投資信託の金額は、まだ10万円ですが、米国株の個別銘柄を買うアクティブ投資をやってみたくなりました・・・! なぜって、今は米国の会社の3Q決算発表の時期ですが、Market Hackさんの決算レポートを見て…

ゆうちょ銀行のIPOを当てるためにやっておくべきだった3つのこと

IPO

昨日19日に、ゆうちょ銀行、かんぽ生命のブックビルディングの結果が発表されました。どちらの銘柄も仮条件の上限で決まり、抽選となる大人気だったようです。 前の日記に書いたように、SBI証券でゆうちょ銀行のIPOを100株申し込んでいました。 etf.hatenabl…

日経平均連動レバレッジETFで個人投資家は「二重に」損をしている

ブルームバーグに気になる記事がありました。 www.bloomberg.co.jp 個人投資家のETF人気により、日経平均連動レバレッジETFの規模が大きくなりすぎ、ETFの価格調整のための売買が日経平均先物で相当のボリュームを占めるようになっています。 機関投資家から…

「外国債券不要論」は正しいか(続き) ~外国債券を持つのが有利な場合~

前回の記事で、外国債券に批判的な主張をしましたが、外国債券を持っているのが得な場合もあります。 それは、その外国債券の通貨で、お金を使う予定がある場合です。 たとえば、将来的に株価が下がったタイミングで、米ドルで米国株式を購入する、と決めて…

「外国債券不要論」は正しいか

『ほったらかし投資術』でお馴染みの山崎元氏が、おすすめのアセットアロケーション(資産配分)について書いています。 楽天証券 山崎元「ホンネの投資教室」 第237回 超簡単お金の運用法を改訂する(上)第238回 超簡単お金の運用法を改訂する(下) 山崎…

ゆうちょ銀行のIPOを申し込んだ理由

IPO

ゆうちょ銀行のIPOをSBI証券で申し込みました。当たるといいのですが、募集開始二日で募集上限に達して抽選となる人気のようなので、最低口数の100株だけの応募だと厳しいでしょうか。申し込む原資がないってつらいですね。 最新版 IPO投資の基本と儲け方ズ…

グローバルリートは買いなのか?

証券会社の売れ筋投資信託ランキングを見ると、上位に「グローバルリート」が目立ちます。 SBI証券の、「2015年9月の“日本中で人気”ファンドランキング」を見てみましょう。 1位 フィデリティ-フィデリティ・USリート・ファンドB(為替ヘッジなし) 2…

投資信託でのドルコスト平均法積み立て投資を始めてみました

28歳で長期投資を始めるというのは、早いのかもしれないし遅いのかもしれない。 前々から長期投資を始めてみたいと思っていたのだけれど、なかなかきっかけを掴めていなかったのですが。 今年8月末のチャイナ・ショックによる世界的な株価下落をチャンスだと…